心を奪う恋愛術
 もっとモテるようになりたいと思うあなたに、もっと相手の心を引き付けたいと考えているあなたへ。「出会い」「メール術」「告白」「ナンパ」「略奪愛」「女心」などをはじめ、幅広い恋愛に関しての情報を公開いたします。また、一応は男性の方を対象としていますが女性の方にとっても参考になる記事を心がけています。正しいノウハウを身につけて素敵な彼氏・彼女をゲットしましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お店の気になる店員のメールアドレスを訊きだす PART4-2
 こんにちは 如月です

 さて、すこし間が空いてしまいましたが、「お店の気になる店員のメールアドレスを訊きだす PART4-2」をご紹介していきたいと思います

 前回も触れましたが、この方法は軽く「非人道的」です まぁ、程度は人それぞれ感じ方は違ってくるでしょうが、私はそう思っています。

 では前の続きから説明していきましょう。

 「お店の気になる店員のメールアドレスを訊きだす PART4-1」の最後で、いくら会う回数を増やし、好印象の記憶を持ってもらったとしても、実際にメールアドレス交換をするチャンスがないという文で終わっていました。

 これについてですが、たしかに珍しく気になっている店員がレジを離れていたり、レジが空いていたりする状況はあります。
 ですがこれは「話をするチャンス」ではあっても「メールアドレスを交換するチャンス」にはならないんです

 なぜかといいますと、スーパーなどの忙しい店の店員についてのアドレス交換ですから……当然店にはお客がいっぱいです
 その中で今まで説明してきたような方法で行うと、それは「告白」と同じことになってしまうわけです
 この場合はいくら「軽い人」を演じていようが無駄です。まず他人の目にさらされている中でアドレス交換を求める時点で「告白」、「軽い人」で行っても他人が見ている中で平気な顔でアドレス交換を求める「軽くて常識知らず」な人間と思われて終いです

 つまりは「店の中でメールアドレス交換は求められない」ということです。

 ではどうするのか?

 「店の外でメールアドレス交換を求める」しかないわけです

 勘のいい方はもう気づかれたと思います。
 そう、「待ち伏せ、尾行」です

 まず、それまで通って店員についての情報を知ります。どの曜日に出勤か、どの時間帯に出勤かです。
 
 次にその店員さんの帰宅時を狙います。出勤時は駄目です 時間ギリギリで相手が急いでいればアウトです。

 もちろん帰宅時にそのまま「待ってました」みたいに突撃をかけてはいけません。すぐさま「変態」レッテルです

 次は尾行ですが、尾行に自信がなかったり、まだ時間的にはっきりと明るいのであれば上の時点でやるしかありません。
 もちろん偶然を装ってですよ 店員さんが帰る時に偶然店にきて気づいたふりをして「あれ? ~さん(名前は当然知っておいてください)今帰り?」みたいにして話しかけ、「いつもこれくらいに帰るの?」「せっかく来たのにもう帰るのか?」など冗談ぽく続け、あとは今までと同じです。携帯に着信があったふりして……です

 次に尾行の場合です。絶対に気づかれてはいけません 
 軽い変装くらいはしたほうがいいでしょう。といっても、メガネと帽子くらいで限界ですが(これ以上やると不審者で逆に目立ちます)。
 尾行は相当の距離をとってください。なんなら見失っても構わない、次の機会はいくらでもある……くらいの気持ちでいってください。焦らないでくださいね

 そしてこの尾行の目的はなにかといいますと、仕事帰りに寄る店を狙うためです 
 同じ客として偶然に出会ったというかたちをとるわけですね。

 つまり、こちらのほうが店の前でやるよりもメールアドレス交換に入る前に長く話せますし、相手のプライベートの話に入りやすくなり、店員とお客という関係からお客同士の関係に近くなって親近感が高くなっている……というメリットがあるわけです

 ですがもちろんこれには大きな問題がいくつもあります
 まず道徳的、法律的? に問題あり、あなたのプライドの維持に問題あり、尾行発覚の危険性あり、そもそも店員さんが帰宅時にどこかの店に寄るかどうかに疑問あり……とデメリットも大きいです

 さて……これで「お店の気になる店員のメールアドレスを訊きだす PART4-2」はお終いです。これをどこまで行うかはみなさんの気持ちにお任せするといたしましょう

 それと、これは私のお願いになりますが……尾行はある程度行って「これはどこの店にも寄りそうにないな」と感じられたらそこで終わりにしていただきたい。そのままつけるとその人の家にたどりついてしまうからです。ここまでいくと本当に私は道徳的にもプライド的にも問題があるのではないかと思っています。

 特に女性は、アドレス知られるよりもよっぽど住所を知られることを嫌います。そこらへんはもう一度よく考えていただいたいと願っています。





精神的なストレスやコンプレックス、人間関係の悩みの鎖からあなたを解き放つ心の秘薬「心月 初伝」1日5分、15日で第2の人生を見つけ出す世にも非常識な秘伝、公開




 一番上の「秘法☆不思議と異性にモテるようになる方法 」は値段が二千円くらいだったと思いますので値段的にはお得です
 また、二番目の「精神的なストレスやコンプレックス、人間関係の悩みの鎖からあなたを解き放つ心の秘薬「心月 初伝」1日5分、15日で第2の人生を見つけ出す世にも非常識な秘伝」は恋愛術ではありませんが繋がっている分野ですのでひとつご紹介しておきます

 では今日はここまでとさせていただきます。ありがとございました


尾行



人気ブログランキングへ ブログランキング 恋愛・結婚
スポンサーサイト
お店の気になる店員のメールアドレスを訊きだす PART4-1
 こんにちは 如月です

 さて、本日はお店の「気になる店員のメールアドレスを訊きだす PART4-1」の説明に入りたいと思います

 といいましても……このPART4でご紹介するのは一番の難関である、「ほとんど話す機会のない店員」です

 たとえば、スーパーの店員さんなどがそうです。
 一見コンビニの店員さんと同じように見えますが、スーパーのレジ担当というのはほとんど休みなくお客が並びます

 もちろんたまにはレジが空いたり、別の仕事にまわって話しかけるチャンスはあるものの、そこを狙っていくというのはやはり無理があります
 
 それと前回も説明しましたが、他の客の迷惑になるレベルで店員と話をしようとすると、他のお客さんだけでなくその店員さんにも嫌われてしまいますのでやめましょう。

 では内容の説明に入ります……が、最初にいっておきます。この方法はお勧めしません
 ある意味犯罪スレスレ……あるいは(これで捕まることはないでしょうが)すこし入り込みますし、このシチュエーションにもっていくまでが確実ではありません
 ですから、その覚悟があって、プライドの許す方のみが行ってください。

 まずはじめは今まで同様……とにかく店に行き、その店員のレジカウンターに並んで、軽い商品でいいので買います。
 それを続けます。期間は今までの最長で一カ月から二、三カ月くらいが目安でしょう。

 また、今までのように「いつから仕事はじめてるのか?」「普段は学生か?」等の質問も基本は難しいでしょう。まぁ、これくらいの一言で返せる質問は場合によってはなんとかいけます。
 ですが普段は「今日も頑張ってるな」とか「おぅ、お疲れさま」くらいの、相手が返事をする必要がなく、かつ相手を励ます、いたわるような一言をかけてあげるのが一番です。
 
 キャラクターのイメージは「気さくなで優しそうな人」……これで十分だと思います。
 
 あとは補助的に「ああ、袋(またはレシート)いらないよ」や「釣りは募金箱入れといて(十円単位以下のお釣りの時だけにしておきましょう)」などをいつもくり返せば、キャラクターが強くなります。ただし、これが直接あなたのイメージアップに繋がるとは安易に考えないでください。あくまで補助的です。

 そうすれば、いくらスーパーのレジ担当であっても確実にあなたのことを記憶します。生理的にアウトでなければ、マイナスの印象になることもまずありません

 もしこの途中で上に書いたような気になる店員さんがレジを離れていたり、お客がいなかった場合には邪魔にならない程度に話していきましょう。

 そしてここからが問題です。いくらこうやって好印象の記憶を持ってもらったとしても、実際にメールアドレス交換をするチャンスがないということです

 その方法をご紹介するつもりでしたが、ちょっと長くなってしまいましたので次回にまわします(すみません)。
 軽く「非人道的」ですのでそこを理解の上読んでください


メールだけで女性に運命の男だと思わせる★極秘洗脳★運命メール依存術


恋愛お助け保険パック


女を操るメール

 では今日のところはここまでとさせていただきます またお会いしましょう


スーパー店員



人気ブログランキングへ ブログランキング 恋愛・結婚
お店の気になる店員のメールアドレスを訊きだす PART3
 こんにちは 如月です

 今日は「お店の気になる店員のメールアドレスを訊きだす PART3」をご紹介したいと思います

 さて、前回は三回ほどにわたって服屋の店員等のわりと長く話のできる店に絞ってのメール交換術をご紹介してきました。
 ですが今回は、それよりもすこしハードルの高い、コンビニの店員等の「客が並んでいない時にはすこし話ができるが、長話はできない」くらいの店員さんに対しての交換術を説明していきたいと思います

 でははじめていきましょう。

 ポイントは一緒で、まずは顔見知りになっていくことが重要です 初対面で自分のアドレス書いた紙を手渡すなんてご法度ですよ?

 対してコンビニの店員等は服屋とは違い、店にそれなりの回数足を運ばなければなりません。

 私も昔、コンビニの店員アルバイトは経験しましたが、想像以上に店員というのは客の顔を覚えていません 最低一週間に一度くらい来店されるお客さんでないと覚えないというのが現実ですね。

 それにここも服屋の店員とは違ってくるのですが、コンビニなどであれば、ある日から突然毎日店に通うようになったとしても不思議ではないんですね。
 コンビニに通うのが日課のひとつ……というような方はたくさんいらっしゃいます

 ですから、目安としては週にニ~三回くらいの頻度で店に行かれるのがいいと思います。
 
 そしてもちろん、ただ店に行って買い物をするだけでなく店員と話をしていかなくてはなりません。キャラクターとしては、「お店の気になる店員のメールアドレスを訊きだす PART2-1」の「冗談好きで面白くて軽い人」が理想的だと思います これがきつい方はもうすこし抑えたくらいでもかまいません。

 それと、「お店の気になる店員のメールアドレスを訊きだす PART2-2」での無愛想なキャラクターから入るやり方は、できないことはないですが時間がかかりますし、なにより無愛想な人が店員に積極的に話しかけていくのは不自然ですから……ここではあまりお勧めしません

 あとの手順としては服屋の場合とそう変わってきません。

 最初のうちは「いつからアルバイトしているのか?」「学生なのか?」「この仕事はつらいか?」などと無難な話題を持ちだし、次第にすこし突っ込んだ話題に移行していく流れです

 ただ、これを服屋の場合は全三回くらいで行いましたが、今回は週二~三回として二週間~一カ月くらいの期間でメールアドレス交換までいくのがベストでしょう。

 以前にも書きましたが、あまり期間が長すぎても店員さんがあなたを「楽しいお客さん」と固定してしまいますので、長すぎず短すぎずが重要です

 メールアドレスの訊き方も基本的には「お店の気になる店員のメールアドレスを訊きだす PART2-1」のものを使ってください。

 ただしひとつ注意なのが、コンビニ店員等が相手の場合は生徒手帳、普通の手帳に書くやり方は控えた方がいいです
 たとえ後にお客が並んでいなくとも、店のレジで手帳に自分のメールアドレスを書き込む姿はそれだけでアウトになってしまう可能性があるわけです

 ですからここは必ず名刺で……それがどうしても無理だという方は、元から生徒手帳、普通の手帳に自分のアドレスを書き入れておきます。
 そして「お店の気になる店員のメールアドレスを訊きだす PART2-1」の流れで手帳にアドレスを書くために秋ページを探すふりをして、途中であらかじめ記入してあったページで止まり、「あれ? ああ、これこの前書いたやつか」と手帳を見たまま独りごとのようにつぶやきます。
 そのままページを破り、相手に手渡す……という流れです。
 
 店員としては「理由はわからないけど、なんか元から手帳にアドレスが書いてあったみたい」という認識になります。これでレジで手帳に携帯見ながらアドレス書きこむというような醜態をさらさずに済みます

 あともうひとつ注意事項で、「絶対に他のお客の邪魔をしてはいけない」ということです
 これはただ単に周りに迷惑かけるのはいけませんというだけでなく、あなたに対する店員のイメージダウンにつながってしまうからです
 
 いくら面白くて楽しくても、後ろにお客が並んでいるのに喋るようでは店員に「非常識」と見なされます。
 逆に軽くて、冗談をよく言う人なのに、後ろにお客が並んだら笑顔で「あっ、すいません」と会釈して引くほうがよっぽど印象がいいわけです

 気になる店員さんと多く話して距離を縮めたい気持ちはわかりますが、そこは気をつけていただきたいです










 では今回はここまでとさせていただきます ありがとうございました


コンビニ店員



人気ブログランキングへ ブログランキング 恋愛・結婚
お店の気になる店員のメールアドレスを訊きだす PART2-2
 こんにちは 如月です

 さてそれでは「お店の気になる店員のメールアドレスを訊きだす PART2-2」です

 これは前回の「服屋など、店員と長時間話ができる店」についてのメールアドレス交換方法でしたが、それとはまた別のやり方をひとつご紹介したいと思っています。

 この方法は前回ほど演技力は必要ありませんが、ちょっと良心が痛みます

 まず最初に流れを説明しますと……「怖い」→「面白い」→「やさしい」……という順番になります。
 この順番は、店員があなたに抱く感情の順番です。

 無理に軽いキャラを演じる必要もなければ、冗談を考える必要もないわけですが、最初に「怖い」と思われるようにしなければならないということになります

 もちろんいきなり怒鳴ったりだとかする必要はありません

 例を挙げるなら、「無愛想な人」ですね。私もいくつか店員アルバイトはしたことがありますが、いつもなんだか不機嫌そうでぶっきらぼうに話すお客さんがおられました

 そういった人たちのすこし軽い目だと考えてください

 しかしどうして「好かれ」てメールアドレスを交換しなければならないのに「怖い」というような負の感情を持たれなければならないのか? それは「ふり幅」です これは重要なことなんでいずれまた詳しく説明しようと思います

 面白い人はたくさんいます。やさしい人はもっとたくさんいます。
 つまりそれだけでは勝てません インパクトが弱いわけです。

 そこで最初に「無愛想で、ちょっと不機嫌そうな人」を演じることで、後に「面白い」→「やさしい」と進んだときに印象が桁違いになってくるわけです
 演じるといっても前回に比べるとだいぶ軽いと思います。まぁ……別の意味では重いですがね

 次に「面白い」に進みます。ここまでくれば随分とマシです 「面白い」といっても前のように冗談を考えたりすることはなく、普通に話をします。
 最初は相手への仕事関連の質問……「どれくらい働き続けているのか?」等です。
 そこからご自分のちょっとした話+相手のプライベートへの質問……「学生なのか?」「休日はどうやって過ごしているのか?」等。

 最後に「やさしい」ですが、これも極端なやさしさは必要ありません。上の質問等に対するあなたの反応を相手に合わせる程度でいいです。
 「休日はどうやって過ごしているのか?」「映画鑑賞」「どんな映画か?」「――」「俺も面白かった、俺も興味がある等」ですね

 店員さんの視点でおさらいすると店に行く一回目では……「無愛想、不機嫌そう」「ちょっと怖い」六割程度→「あれ? 話し方が普通になってきたかな?」三割程度→「すこし話してきてくれるようになった。怖い人じゃないみたい」一割程度……。

 二回目は……「すこし話してきてくれる。やっぱり怖い人じゃないみたい」四割程度→「自分の話、わたしのプライベートを訊いてくる。笑顔もたまに見せるようになった」四割程度→「わたしの話に同感してくれたり、気遣ったりしてくれる。冗談もちょっと混じってきた」二割程度……。

 三回目が……「わたしの話に同感してくれたり、気遣ったりしてくれる。冗談もちょっと混じってきた。笑顔も普通にみせてくれるようになった」→「メールアドレスを訊かれた」……。

 こういう流れが理想的ですね メールアドレスの訊き方については前回と同じですのでそれを参考にしてください


女性の心を盗む恋愛メール術


soul mail ~女性の魂を揺さぶり虜にするメール術~


たった1通のメールで女性を虜にする、モテる男の携帯メールテクニック

 メールアドレス交換関連の商材はすべて紹介しましたので、メール術についての情報商材をいくつか載せておきます
 
 それでは今日もありがとうございました ではまた


服屋



人気ブログランキングへ ブログランキング 恋愛・結婚
お店の気になる店員のメールアドレスを訊きだす PART2-1-2
 こんにちは 如月です

 さてでは早速前回の続きを説明していこうと思います

 まずは前回の補足説明から……。
 
 ひとつは「話す内容としてはとりあえず冗談をかまします」というふうに書いたわけですが……例を見えてもらえばわかるように、そんな大したギャグを言う必要はありません

 「相手が大笑いするような冗談を……」なんて考えることはありませんし、逆にそんな凝ったようなネタだと逆効果になることもあります……
 目安としては、ダジャレより上(下ネタ禁止)……くらいでいいです。すくなくとも相手が引いてしまうような冗談でなければそれで大丈夫です

 それと「冗談なんて思いつかない」という方……あらかじめいくつか考えておきましょう

 私も話しているその場でいい冗談をかませられるかと訊かれるとすこし難しいです
 あとになって「あの時、~なふうに言えばよかった」なんて後悔することたくさんありますからね

 ですからお店に行くまえにいくつか冗談を考えておきましょう。

 そしてこれも重要な付け足しなのですが、必ず相手の店員の名前を覚えて、名前で呼びましょう。

 前回うっかり書くのを忘れていましたが、これは本当に重要です 必ずそうしてください。

 名前といいましても、もちろん名字のほうで「さん」付けです。これを下の名前などでやってしまうと、「軽い人」じゃなく「常識知らずの軽すぎる人」になってしまうわけですね
 ただし、相手がひとまわり年下の場合なら下の名前に「ちゃん」付けでも構わないと思います。

 あと最後に「最低二回…理想は三回くらいその店に通って店員と話してもらいます」と書いたのですが、これも逆に五回以上はお勧めしません(「お店の気になる店員のメールアドレスを訊きだす PART2-1」に限ります)。
 より多く回数行ってからアドレス訊くほうが確率はあがる ……と思われるかもしれませんが、あまり行きすぎてもやり難くなってしまうことがあります

 この服屋などの店員と長時間話す店以外なら、逆にもっと回数を増やさないといけないんですが、こういった店では基本三回を目安としてください。

 この理由としましては、「店員と客」という関係が固まっていってしまう恐れがあるからです。
 何回もお店に行き接すると、店員もあなたを「よく来てくれて、面白い……お客さん」というイメージで固定されてしまって、そこからプライベートの関係に持ち込むのが難しくなってしまうのです

 ですからこれも相手の緊張がほぐれてきて、自然と笑ってくれるようになったあたりで勝負をかけてしまいましょう

 ではいよいよメールアドレスの訊き方です

 前回の記事で……「最後に三回目(または最後の二回目)では最初にすこし冗談を言ったあと、相手のプライベートについての軽い質問をまたいくつかしていきたいところです」と書きました。

 それでいくつか質問をしていき、たとえば「休みはなにいつもなにしてるの?」と尋ねてみて、答えが「休みは……家でゴロゴロしたり……たまにカラオケ行ったりとかしてますよ」だとします。
 つまりこういった情報が返ってきたら、それに合わせていくわけです
 
 この例だと、あなたがたとえカラオケが嫌いであったとしても「カラオケ行くんだー。友達と行くの?」「――――」「へー、いつもどのカラオケ屋使ってる?」「――――」「えっマジで 俺もそこよく行ってる、行ってる。今度一回一緒に行こうよ」 ……という流れですね……ここの「今度一回一緒に行こうよ」をどれだけ自然に、堅くならずに言えるかがひとつ重要ですね
 それとここでは絶対に「今度」にしておいてください。「来週あたり」とか「今月あたり」とか具体的なセリフは言ってはいけません

 このセリフを告げたらもうここからノンストップです
 ほとんどの店員は流石にとまどった表情をします。ですが相手の返事なんて待ってる余裕はありません
 すぐに当たり前のような声で「あっ、そうだ。よかったらメルアド教えてくれない?」と言ってポケットに手をつっこみます。
 「よかったら」とか「教えてくれない?」というセリフですが、これはもう質問ではありません。このセリフを言いながらもう手をポケットに入れます。視線もポケットに向けます。相手の顔を見てはいけません。

 そして携帯を出しかけるところで留まってください 次にはじめて気づいたように「あぁそうか……仕事中だしな……」と言います。ここでも相手とは視線は外したままのほうがいいでしょう。

 次に二通りありますが、社会人の方は名刺を、学生の方は生徒手帳を出します。

 名刺の場合は、「じゃあこれ渡しとくから、あとで空メールでいいし送っといてくれる? 登録しとくから。そうだ……下の名前ってどんな漢字書くの? 俺アドレスはフルネームで入れるタイプだから教えといて」 ……。

 早口にならにように気をつけながらここまで一気に喋ります。ここもまた視線は数回くらいしか合わせないほうがいいでしょう。自分の取りだした名刺を確認するふりをしながら喋ります

 生徒手帳の場合は、手帳にすでにペンを挟んでおいてください。あとはほぼ上と同じで、「じゃあここにアドレス書いとくから、 あとで……」と、手帳のメモページに自分のアドレスを書きこみながら喋ります。
 書いたら手帳から破って、さらにそれを半分に破り、アドレスが書かれているほうを渡します。
 残ったもう半分の白い紙を手帳の上に置きながら、「あと、下の名前教えといてくれる? 俺アドレスはフルネームで……」というセリフで続けます
 アドレス決して間違えて書かないように……

 ここがほんとうに勝負どころですね 焦らずに自然な感じで一気に喋る……ハードルはちょっと高いですが成功確率も高いですよ

 ポイントとしてはまず「空メールでいいから」ですね。これは必ずセリフに入れてください。相手に軽い気持ちで送ってもらうためのコツです。

 あとはおわかりだと思いますが、相手がメールを送ってくれることを当たり前のように話すこと、相手に断らせるタイミングを与えないように話すこと、メールアドレスの話題から名前のほうにずらしていき、メールを送ってもらうことを確定させていくようにする……という感じです

 この名前を教えてもらうところまで行ったら、さっさと服のほうへ話題を戻してしまいましょう。ここまで相手から否定のセリフなく進めば、ほぼ間違いなくメールはくるはずです

 それと最後に名刺も生徒手帳もないという方は最終手段として普通の手帳を代わりに使ってください。ただしこれはほんとにお勧めしません
 
 普通の手帳を出してきた時点で、私が仮に店員の女ならすこし勘ぐるでしょうね。
 ですから名刺、生徒手帳を持っておられる方は必ずそっちを使ってください。ない方も可能なら適当に名刺つくった方がいいと思います。


コンビニ・アプローチ~Convenient Approach




 では今回もふたつほど商材を載せておきます。この上のほうのコンビニ・アプローチという商材は値段的に安いですのでコンビニ店員で気になってる人がおられる方は必見かもしれません

 さて……いかがだったでしょうか? 紙にメールアドレスを書いて、「もしよかったらメールください」なんて言って手渡すのとは話が違ってくるのではないでしょうか?

 みなさんの参考になれば幸いです ありがとうございました


服屋



人気ブログランキングへ ブログランキング 恋愛・結婚

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。